田口高広歯科【インプラントセンター田口高広歯科/一般歯科】

歯周病治療 

     

line

保険治療

歯周病は今や国民病。国民全体の8割がかかっています。

歯医者さんがコンビニの数ほどある日本が、どうしてこの状態なのでしょうか?ズバリ、正しい歯周病治療が行われていないからです。
「歯周病の原因は?」「原因はなぜ発生するの?」みなさん正しく理解していますか?

まず歯周病の仕組みをご説明します。

トップに戻る

保険治療

歯は何支えられて立ってるの?

歯は歯肉におおわれた骨によって支えられています。人工歯根はその骨に埋め込んでいるので、骨がしっかりしていないと人工歯根もしっかり骨と結合しません。
歯肉に覆われた骨は歯周病によって失われてしまします。
そのため歯周病が進むと、支えの骨がなくなり自然と歯が抜けてしまうのです。
人工歯根を埋め込むための基礎となる骨を守れなければ、インプラント治療は
台無しになってしまいます。

※1:抜歯後傷が治っても、数ミリしか骨がなくなってしまいます。

※2:歯周病で骨がなくなるとその骨がインプラント手術を行うだけの高さ・幅がない場合で手術が
       不可能です。もしインプラント手術を行ったとしても、維持できる骨が少ないため
       すぐグラグラしてしまいます。

自分の歯と歯肉に覆われた骨は自然治癒力があるので、治そうと体が反応します。
しかしチタン製金属で作製された人工歯根は人工物です。
人工歯根は人工物なので、自分の歯と違い免疫力がありません。歯周病菌が天敵です。口のなかの全体的な歯周病治療なしで、インプラントをすることはありえません。

トップに戻る