田口高広歯科【インプラントセンター/歯科医院/一般歯科/インプラント】

インプラント治療について

     

line

インプラント治療について

インプラントとは失った歯を復活させると安易に考えてしまいますが、実際には人工物で代用するものです。
今まで使ってきた自分の歯と同じように使いたいところですが、仕組みを理解して、正しく長く使用して いただきたきたいと考えます。

インプラントの仕組み

人工歯根

生体親和性のあるチタン金属性の人工歯根を使用します。
人工の根と自分の骨組織が結合して長く機能的に使用できます。

人工歯根

接合部分

金属を利用した人工歯を支える台を使用します。
これはねじタイプ。(右画像参照)
又は角度がついたものなど、前後のバランスを考えて選んで
いきます。

接合部分

セラミックを使った人工歯

セラミックは強度という特徴をもちながら、適度の力がかかる
と割れることで力をのがします。
万が一人工歯に強い力がかかっても人工歯根とそれを支える
歯肉や骨の損傷を防ぎます。

セラミックを使った人工歯

インプラントの手術では時間を短時間にすることで患者さんの負担、また手術部位の負担を治療を 早くさせます。手術時間の短縮に疑問を感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、そのために CTにて審査・診断を行っています。何かあれば手術中でもCT画像を確認することができます。

トップに戻る

治療の流れ

診察

インプラントにはさまざまなタイプがあり、インプラント治療が患者さんに最適な選択肢か、またどのインプラントが最善が十分な診断・相談をします。 インプラントが患者さんに適した治療方法であるかを判断する上で医師の経験が重要な役割を果たします。

1.CT審査

あごのほ骨の量と質を記録するため、口の中の型を取りレントゲン・CT撮影を行います。 CT審査・診断は当院に設置しております。

2. インプラント埋入

局部麻酔をかけて、インプラント体を埋め込みます。

3.根付き

インプラント体を骨が結合するまで、期間をおきます。治癒期間は、インプラント体の種類、骨の健康状態、体調によって異なります。

4. カタチ合わせ/色合わせ

インプラント部分の精密な型取りを行い、患者さんの歯の形と色に合わせた人口歯を作ります。

5. 人口歯の装着

口腔内にぴったりと合うことを確認しインプラント体の上に取り付けます。

完成

天然歯と同様に、よくお手入れしてください。

毎食後、そして、就寝前に丁寧に歯磨きをしてください。

歯ブラシは柔らかいものを使用し、定期的に交換してください。

医師による定期的なメンテナンスを受けてください。

トップに戻る