田口高広歯科【インプラントセンター/歯科医院/一般歯科/インプラント】

インプラント治療におけるFAQ

     

line

インプラントにするメリットはどのようなものですか?
適切なメンテナンスを行えば、長期間の機能が保てます。
自分の歯に近いので自然に噛むことができます。インプラントは顎の骨と結合して、強固な土台となるので、噛む力も入れ歯の何倍にもなります。
また、インプラントが噛む力を支えてくれるので、自分の歯も長く持ちます。
インプラントの治療費が心配です。1本だいたいいくらぐらいですか?
インプラント本体:157,500円(税込(手術料・CT審査料含む))
支台およびセラミックの被せ物:157,500円(税込)
合計315,000円となります。
インプラントの耐久性はどの程度ですか?
インプラント自体はチタン製のため、軽く強度もあります。噛みあわせにより折れることはまずありません。インプラント自体が壊れることがなくても、それを支える骨がだめになることで、耐久性が失われます。

トップに戻る

インプラントの寿命はどのくらいですか?また日頃のケアはどうしたらいいでしょうか?
皆様ひとりひとりによって違ってきます。
おおよそ10年が一つの目安と言われています。
365日毎日使うものですから、「一生もつ」とは言い切れません。
ただし当院院長の症例では10年を超えてもインプラントを使用している方々がほとんどです。
また、日ごろのケアは歯ブラシが基本です。歯間ブラシ・フロスなどの補助的用具でも清掃を行ってください。1年に数回の専門的クリーニングが必要です。
インプラントにブランドがあるんですか?
インプラントにもブランドはあります。現在全世界で200以上のインプラントメーカーが存在します。
当院では世界シェアNo.1のストローマンを使用しています。
医療保険で対応できたケースなどありますか?
残念ながら、現在の健康保険では適用となりません。

トップに戻る

保証はありますか?
当院では5年間の保証があります。
ただし、その先の場合でもケースバイケースで対応しています。
治療終了までどのくらいの時間が必要ですか?
最短では1カ月半です。
しかし、手術の内容や患者の状態により期間は変わります。
治療途中、見栄えが悪かったりしますか?
当院ではインプラント埋入後、最短1カ月半でセラミックが入ります。
しかし、前支部の審美的な部位に関しては、インプラントの上に仮歯が入ります。
仮歯は最終的な形に近いため見ために問題はありません。

トップに戻る

インプラント治療は痛みをともなうのでしょうか?また手術後痛みや腫れはありますか?
局所麻酔下のオペ後、麻酔が切れて痛みが発生する場合があります。
しかし、骨移植等の特殊処置を行わないインプラントオペに関しては、15分程度で終了しますので歯を1本抜くより痛みは出ません。
またインプラント後に痛み止めのお薬を服用していただきますので、疼く程度で、腫れもほとんどありません。
インプラント手術は安全ですか?
誰事前の審査、手術者の経験・実績、インプラントのメーカー等、きちんと選択できれば安全です。
インプラント手術で失敗することがありますか?
失敗する可能性はあります。
失敗は術者の経験・患者の全身の状態・手術部位の状態・口の中の環境に関連します。それらを把握し、手術を進めることで失敗を防ぐことができます。
ちなみに、院長の症例でインプラント手術での失敗はありません。

トップに戻る

手術後の注意は?
通法通りのインプラントであれば、手術後食事も生活も制限されることはありません。
治療後通院しなくてもいいのでしょうか?
定期的なメンテナンスが必要ですので、治療終了後も来院いただくようになります。
来院の回数は3か月~6か月に1回です。
インプラント治療はだれでも受けられるのですか?
誰でも受けられます。
ただし、病気をお持ちの方やお薬を服用している方またはお口の中の状態により、 手術の方法が変わってきますので、事前の審査が必要です。
持病を持っていますがご相談は可能ですか?
病気の種類により手術の方法、お薬などを変えて行うことができる場合がありますのでご相談ください。

トップに戻る

他の病院でインプラントはできないといわれたのですが?
インプラントができない理由があります。
「骨が足りない」「血管・その他の組織が近い」「全身疾患を抱えている」等があります。
それらを回避してインプラント手術をする方法があるため、CT審査等詳しく検査をして、できない原因が補えるか聞いてみてはいかがでしょうか。
インプラントって始まって何年?
最新の治療だと何年か経った後に障害が出たりしないのでしょうか?
現在のインプラントが確立されてから、約40年経過しています。
院長はインプラント治療を始めて約18年経過していますが、後から障害や異常をきたしたケースはでていません。

トップに戻る